大満足の4時間

『愛のむきだし』は、2009年、園子温監督により制作された日本映画です。家族愛、恋愛、性愛、神の愛など、幅広く壮大な愛をテーマとしています。スポーツベッティング(sport-bets.jp)のように、思わずハラハラドキドキしてしまう『愛のむきだし』は、およそ4時間にわたる爽やかかつ清々しい青春映画の傑作となっています。

青春映画の傑作

盗撮に手を染める主人公の少年と少女はある日偶然出会い、恋に落ちます。しかし、少女が恋したのは「サソリ」に扮していた少年でした。その後再会をするも、少女は少年が「サソリ」であったことに気が付きません。やがて、少女の前に「サソリ」を名乗る者が現れ、思わず新興宗教にのめり込んでしまいそうになります。そこで、少年は少女を救出することを誓います。