市民映画祭

KAWASAKIしんゆり映画祭は、日本映画大学(旧日本映画学校)が立地するなど、映画に纏わる環境が整備された、小田急電鉄の新百合ヶ丘駅(神奈川県川崎市)などで定期的に開催されています。

毎回独自のテーマを設定

新百合ヶ丘は映画が身近な場所だからこそ、地域住民の映画に対する関心が高く、市民スタッフが企画や運営を担っています。時には民間企業や川崎市が支援するかたちで関与しています。

毎回、独自に設定したテーマに沿って作品を選んでいます。作品の上映時には、監督や俳優などによる座談会やシンポジウムやミニコンサートなどが催されます。中学生が実際に映画を制作・上映するワークショップ、野外上映会など、既存の映画会の枠組みを超えた独自の企画を心がけています。