日本映画あれこれ

日本映画はかつて大手映画会社が競い合い、庶民の娯楽の中心にありましたが、各家庭にテレビが普及するとお株を奪われてしまいました。

日本映画の盛衰

映画館は大画面化が進み、日本映画は派手で多額の予算を投じたハリウッド映画の人気に圧されます。しかし、2000年代になると、文化庁が積極的に予算を投入し、日本映画の制作を後押しするようになりました。アニメ映画やマンガやアニメを実写化した映画が盛んに作られるようになり、ついには復活を遂げたのです。